UART/RS232C 電気検証およびプロトコルデコードソフトウェア

UART電気検証およびプロトコルデコードソフトウェアは、UART仕様で規定されている電気測定のコンプライアンステストとプロトコルデコードを提供します。 PGY-UARTの電気検証とプロトコル・デコード・ソフトウェアは、テクトロニクス・オシロスコープで動作し、ボタンを押すだけで電気測定とプロトコル・デコードを行います。 これにより、エンジニアはUARTのコンプライアンスを迅速にチェックし、柔軟に不具合をデバッグすることができます。 これに加えて、エンジニアは、UARTのコマンドとレスポンスをデコードして、通信をデバッグすることができます。 PGY-UARTは、MSOのデジタル・チャネルを利用し、UARTデータ・ラインのデコードを提供します。

UART/RS232C 電気検証およびプロトコルデコードソフトウェア

Features
製品の特徴は以下のようです:

  • 時間領域の波形情報をデータ・ドメインに変換し、その内容をUART/RS232Cのメッセージ形式で表示します。
  • 波形とデコードされたデータを1つのウィンドウに同時表示することで、効率的なデバッグが可能です。
  • 任意のUART/RS232Cフレームを波形にリンクさせることができ、UART/RS232通信の解析を効率的に行うことができます。
  • 任意のデコード・データの波形を拡大表示できるので、波形のアナログ特性を把握することができます。
  • 詳細ビューでは、選択したUART/RS232データの波形にバイナリデータを重ねて表示します。
  • デコードされたデータを、16進数、2進数、10進数、ASCII形式で表示することができます。
  • 検索機能により、何千ものデコードされたUART/RS232メッセージの中から特定のデータを迅速に探し出すことができます。
  • トリガー位置を基準としたタイムスタンプにより、トリガー位置からのデータのタイミングを知ることができます。
  • Ref波形、wfm(Tektronix社製のオシロスコープの内部波形ファイル形式)、csvファイルを用いたオフライン解析機能。
  • デコードしたメッセージをCSV形式で保存できる機能。
Request A Quote Request A Demo