SD, SDIO, eMMC プロトコル アナライザーとエクササイザー

SD プロトコル アナライザ、SDIO プロトコル アナライザ、および eMMC プロトコル アナライザー (PGY-SSM) は、テスト中のホストと設計間の通信をキャプチャしてデバッグするための複数の機能を備えたプロトコル アナライザです。 SD、SDIO、およびeMMCプロトコルアナライザは、最大200MHz(HS400)DDRモードのデータレートでSD、SDIO、およびeMMCをサポートします。 SD、SDIO、および eMMC プロトコル アナライザは、バージョン 4.41、4.51、5.0、5.1 仕様をサポートする業界初の eMMC プロトコル アナライザーです。

SD, SDIO, eMMC プロトコル アナライザーとエクササイザー

革新的なアクティブ・プローブは、テスト中のデバイス(DUT)への電気装荷を最小限に抑え、DUTの性能に影響を与えることなくプロトコル・データの取得を可能にします。 業界初の機能として、PGY-SSMプロトコル・アナライザは、PGY-SSMプロトコル・アナライザから、UIを実行しているホスト・システム(USB3.0またはGbEインターフェースを使用)へのプロトコル・データの連続ストリーミングを可能にします。 プロトコルデータ、コマンドユニットの包括的なデコード、およびリアルタイムのエラー解析により、SD/SDIO/eMMCホストとデバイスの通信を効果的に検証することができます。

 

PGY-SSMプロトコル・アナライザは、設計および検証エンジニアが、コマンド、レスポンス、データ、またはCRCエラーをトリガーとして、SD、SDIO、eMMCをテストおよびデバッグすることを可能にします。 また、コマンド、レスポンス、CID、CSD、Ext CSDレジスタの即時デコードも可能です。 アナリティクス機能では、コマンド、レスポンス、データ、および取得した期間の動作周波数を、簡単に分析できるグラフで表示します。

特徴
製品の特徴は次のようです。

  • プロトコルデータを長時間継続して監視し、とらえどころのないイベントをキャプチャ(30GB以上のデータキャプチャ)。
  • キャプチャしたデータは、プロトコルインテグリティ、データバースト数、CMD CRCエラー、レスポンスCRCエラー、データCRCエラー、タイミング値、予約コマンドなどの規格に基づいて解析可能。
  • ハードウェアベースのプロトコル・アウェア・トリガー機能により、特定のイベントをリアルタイムにキャプチャ可能。 パターン、コマンド、エラー・イベントをトリガーとする機能。
  • コマンドやレスポンスの引数をデコードすることで、異常を特定することができます。
  • 分析機能により、取得したプロトコルデータを、コマンド、レスポンス、データ、動作頻度を取得した時間でプロットして分析可能。
  • アナリティクス機能では、デバイスのレジスタをデコードして簡単に解析することができます。
  • デコードされたプロトコル・パケットの中から特定のパケットを表示するフィルター機能。
  • プロトコルアクティビティの特定のイベントを検索する機能。
  • 使いやすいユーザーインターフェースにより、学習時間の短縮が可能。
  • 長時間のキャプチャに対応し、ホストコンピュータに大きなリソースを要求することなく、デコードされたデータを表示可能。
  • プロトコルアクティビティにマーカーを挿入 [using Trigger-In]することで、入力されたデジタル信号とプロトコルアクティビティの関連付けが可能。
  • 特定のプロトコルイベントのトリガーアウト信号により、オシロスコープなどの他の機器をトリガーすることが可能
  • USB3.0またはギガビット・イーサネット・インターフェースを使用したホストシステム[running UI]とのインターフェース。
  • GbEインターフェースを利用したハードウェアファームウェアのアップグレードに柔軟に対応し、フィールドでのファームウェアのアップグレードを容易に実現可能。
  • デコードされたデータパケットをtxtファイルにエクスポートして、さらに解析することが可能
Request A Quote Request A Demo