RFFE プロトコルアナライザーおよびエクササイザー

RFFE プロトコル アナライザー (PGY-RFFE-EX-PD) は、テスト中のホストと設計間の通信をキャプチャしてデバッグするための複数の機能を備えたプロトコル アナライザです。 RF フロントエンド コントロール インターフェイス (RFFE) シリアル バス インターフェイスは、RF フロンド エンド デバイスを制御するために選択されたインターフェイスとして登場します。 パワーアンプ(PA)、低ノーズアンプ(LNA)、フィルタ、スイッチ、電源管理モジュール、アンテナチューナーなど、さまざまなフロントエンドデバイスがあります。 それは広くモバイルデバイスで使用されています。

RFFE プロトコルアナライザーおよびエクササイザー

PGY-RFFE-EX-PDは、PGY-RFFE-EX-PDをマスター/スレーブとして設定し、エラー注入機能、振幅変動、デコードRFFEプロトコルデコードパケットを備えたRFFEトラフィックを生成することにより、設計エンジニアとテストエンジニアがRFFEインターフェイスの仕様をテストすることを可能にする主要な機器です。

特徴
製品の特徴は次のようです。

  • RFFE2.0/2.1仕様に対応。
  • マスター/スレーブの設定が可能。
  • 全速力と全速力の半分の速度で異なるRFFEを発生させます。
  • パリティエラーやACK/NACKエラーなどのエラー注入が可能。
  • 可変RFFEデータスピード。
  • RFFEトラフィックとバスのプロトコルデコードを同時に発生させます。
  • プロトコルデコードされたバスのタイミング図
  • プロトコルアクティビティのリスト表示
  • プロトコルデコードのエラー解析
  • 異なるデータ・スピードで複数のデータ・フレーム生成を組み合わせるエクセサイザー・スクリプトの作成機能。
  • USB2または3ホスト・コンピューター・インターフェース。
  • 進化するRFFE仕様に対応したユニットへのアップグレードの柔軟性。
Request A Quote Request A Demo