I2C/SPI エクササイザーとプロトコルアナライザ

I2C プロトコル アナライザおよび SPI プロトコル アナライザー (PGY-I2C/SPI-EX-PD) は、テスト中のホストと設計間の通信をキャプチャし、デバッグするための複数の機能を備えたプロトコル アナライザーです。 PGY-I2C/SPI-EX-PDは、マスター/スレーブとしてPGY-I2C/SPI-EX-PDを設定し、I2C/SPIトラフィックを生成し、I2C/SPIプロトコル・デコード・パケットをデコードすることにより、設計およびテスト・エンジニアがそれぞれのI2CまたはSPI設計の仕様をテストすることを可能にする主要な機器です。


I2C/SPI エクササイザーとプロトコルアナライザ

I2Cはマイクロコントローラ、EEPROM、A/DとD/A変換機、 I/Oインターフェースなどの低速デバイスと組込みシステムにある小型の周辺機器を接続するための2線式インターフェースです。 I2Cバスは多くのICに使用されるし、実装するのも簡単です。 I2Cバスはどんなマイクロコントローラとでも通信できます。 I2Cバスは、低速のデバイスとでも通信可能で、高速モードを使って大容量のデータを転送することもできます。

 

SPIは、マイクロコントローラーと、センサー、ADC、DAC、シフトレジスタ、SRAMなどの周辺機器のICとの間で広く使われているインターフェースの一つです。 SPIは、同期式の全二重マスター・スレーブベースのインターフェースです。 スターとスレーブは同時にデータを転送できます。 SPIインターフェースは、3線式または4線式のもあります。

 

PGY-I2C/SPI-EX-PDは、PGY-I2C/SPI-EX-PDをマスター/スレーブとして構成し、I2C/SPIトラフィックを生成し、I2C/SPIプロトコルのデコード・パケットをデコードすることにより、設計およびテスト・エンジニアがそれぞれのI2C or SPI設計の仕様をテストすることを可能にする主要な装置です。

特徴:

  • I2C仕様のサポート。
  • SPI仕様のサポート。
  • マスター・スレーブとしての設定が可能。
  • 異なるI2C・SPIパケットの生成。
  • 可変データ速度。
  • I2C・SPIトラフィックとバスのプロトコルデコードの生成。
  • プロトコルデコードバスのタイミング・ダイアグラム。
  • プロトコルアクティビティのリスト表示。
  • 異なるデータスピードで複数のフレーム生成を組み合わせるエクササイザースクリプトの作成が可能。
  • USB 2/3ホスト・コンピュータ・インターフェース。
  • ホストシステムHDD/SSD へのプロトコルアクティビティの連続ストリーミング。
  • pythonまたはC#における自動化のためのAPIサポート。
Request A Quote Request A Demo